犬の関節ケアとサプリメントについて

2021/06/24

近所 犬

あなたは足首や膝、肩など、関節のトラブルや関節炎を経験したことがありますか?

経験がある人なら、それが本当に辛く、日常生活の質を大きく損ねる重大事であることを想像できると思います。このような関節トラブルの辛さは犬達にも共通です。だからこそ、日頃から愛犬に対しても関節のトラブルに注意したケアを心掛けましょう。

犬でも起こる関節のトラブル

犬 関節 トラブル

丈夫な関節は、犬達が活き活きと幸せに暮らすために不可欠です。しかし、一部の犬種では関節の問題を起こしやすい傾向があったり、滑りやすい床などの生活環境が要因となって関節のトラブルを招いたりしてしまうことがあります。

股関節形成不全と肘関節形成不全

ジャーマン・シェパード、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、セントバーナードなど大型犬や超大型犬では、遺伝的な問題として「股関節形成不全」や「肘関節形成不全」(またはその両方)の症状に苦しむことがあります。

股関節形成不全は、関節部分の骨の変形により股関節が、噛み合わない症状です。

通常、股関節は、骨盤にある寛骨臼(かんこつきゅう)というくぼみに、後ろ肢の大腿骨頭(だいたいこつとう)というでっぱりが噛み合っている構造をしています。これらの骨が奇形になり、凹凸がぴったりと噛み合わないと、関節を滑らかに動かすことができず、動くたびにこすれて余計に摩擦してしまい、痛みが発生します。

この症状の主な原因として、遺伝的な股関節の緩みが関与すると考えられています。さらに、急激な体重増加や慢性的な肥満、栄養的な要因、および股関節を支える骨盤筋量の不足なども関係すると考えられています。

肘関節形成不全は、肘関節の発育不全により痛みが生じる病気の総称で、前肢の跛行(はこう)の原因となります。このトラブルは、成長期の大型犬の子犬に多く発症します。

パテラ(犬の膝蓋骨脱臼)

パテラ(犬の膝蓋骨脱臼)

小型犬や超小型犬の多くは、膝蓋骨 (後足のひざ関節) が脱臼する通称「パテラ」という関節の問題を抱えています。

これは、膝蓋骨が大腿骨(だいたいこつ)にある滑車溝(かっしゃこう)というくぼみから脱臼してしまう(ひざのお皿が本来あるべきところからずれてしまう)症状です。脱臼すると、後ろ足に(膝関節に)力が入らず、スキップや「ケンケン」のような歩き方をするなどの異常が見られます。

パテラ(犬の膝蓋骨脱臼)

ほとんどの場合、後ろ足を数分間動かないように保定したり、ゆっくり曲げ伸ばししたりすると関節が正常な位置に戻り、症状が改善されます。

しかし、脱臼を繰り返すと靭帯や軟骨、骨などに損傷を与えてしまいます。特にトイプードル、チワワ、ポメラニアン、パピヨンなど好発犬種においては、重症化してしまう前に日ごろから生活環境や栄養管理のケアを取り入れることをおすすめします。歩行の異常があったり痛みが頻繁にあったりするケースでは、根本的な治療として外科手術が必要な場合もあります。

子犬を迎える時の注意

関節の問題を起こしやすい犬種の子犬を家族に迎えることを考えるなら、関節の不安事項をよく確認しましょう。完全な保証にはなりませんが、その子犬の両親が関節のトラブルがないと証明されている場合、子犬もその資質を受け継ぐ確率が高くなります。

逆のパターンで両親に問題があると子犬にも遺伝している場合があります。ブリーダーさんやペットショップから、両親の情報やレントゲンの情報などを得られるかどうか確認してみましょう。

健康な犬の関節をサポートするために

犬 関節 サポート

すでに関節疾患にかかりやすい犬種を飼っている場合、関節ケアのためにできることがあります。

  • 骨がまだ柔らかい成長段階の子犬期から、健康的な体重を意識してコントロールします。関節への負担を軽減するためには、太りすぎよりも少し瘦せ型の体型を目指すことが理想です。
  • 成長段階で長時間の激しい運動は避けてください。何時間もジョギングやお散歩をするのは避け、犬がソファやベッドから飛び降りたり、階段を上り下りしたりしないようにしてください。
  • 成犬になってからも、理想体重を維持し、関節を支える筋肉量を確保することが大事です。
  • 滑りやすいフローリングやタイルの床は、関節の正常な可動域以外に負荷がかかってしまいトラブルを悪化させる原因になります。できるだけ滑らない素材の床で暮らせるよう工夫してみてください。

関節の健康をサポートするサプリメント

関節 サプリメント

関節の健康をサポートする食材やサプリメントがあります。

ニュージーランド産 緑イ貝

これはニュージーランド固有のムール貝の一種です。 全体は暗褐色の貝ですが、殻に緑色の縁取りがあるため、このような名前が付けられています。

緑イ貝は、天然のコンドロイチン、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)の供給源となります。また、強力な抗炎症効果を持つとされるユニークなオメガ-3脂肪酸であるエイコサテトラエン酸(ETA)を含んでいます。このことから、関節の健康をサポートする素材として注目されています。

卵殻粉

卵殻粉は、卵の殻を乾燥して粉砕した素材で、健康で強い骨の形成をサポートする天然のカルシウム源となります。また、関節の健康をサポートする、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、コラーゲンの供給源でもある卵殻膜が含まれています。

人間の関節トラブルに関する研究で卵殻粉を摂取することの有効性が示唆されています。

オメガ3脂肪酸

フィッシュオイルやクリル(南極オキアミ)由来のオメガ3脂肪酸には、関節の炎症など対する抗炎症作用があると考えられています。

グルコサミンとコンドロイチン

グルコサミンとコンドロイチンは軟骨と関節の周りの体液の成分です。

軟骨を含むチキンミールなどのペットフード原材料が、グルコサミン・コンドロイチンの供給源として役立つという考え方もありますが、この研究にはまだ少し不確かな部分があります。

ペットフードに配合されるグルコサミンとコンドロイチンは、サプリメントとして精製された素材も一般的に使われています。精製されたサプリメントは、軟骨由来の素材より効果的であり、関節の健康サポートに大きな役割を果たしていると考えられています。また、精製サプリメントは投与量をコントロールすることもできます。

関節の健康をサポートする食材やサプリメントを摂っていても、必ず大丈夫という保証はありません。ペットが年齢を重ねていくにつれ、みんなが大なり小なりある程度の関節のトラブルを抱え、こわばりを経験するでしょう。しかし、親友である犬達を理想的な体型に維持してあげること、さらに日頃から関節の健康をサポートするケアを取り入れることで、きっと元気に一緒に過ごす時間が長くなるはずです!

関節の健康に配慮した「NOW FRESH (ナウフレッシュ) スモールブリードシニア&ウェイトマネジメント」

関節の健康に配慮し、緑イ貝やオメガ3脂肪酸配合!体重コントロールしやすい低カロリーのレシピです。

グレインフリーのプレミアムドッグフード No1
グレインフリーのプレミアムドッグフード No1

ミールフリー・グレインフリーのドッグフード
「NOW FRESH™(ナウフレッシュ)」

グレインフリーのプレミアムドッグフード

タンパク質源として、レンダリングミートミールや肉副産物を一切使用していません。100%フレッシュな生肉・鮮魚+グレインフリー+豊富な野菜・フルーツを使ったほどよいタンパク質バランスのレシピで体調のコントロールがしやすいプレミアムドッグフードです。

NOW FRESH 詳細 グレインフリーのプレミアムドッグフード

この記事を書いた人

Val Culpin

ヴァルはペットキュリアン社に14年以上在籍しています。1978年に犬のゲームに参加して以来、犬が大好きで初めて飼った犬はゴールデンレトリバーでした。それ以来、ブリーダー、ドッグショーへの出陳、ドッグトレーナー、フリスビードッグやアジリティの愛好家として活躍しています。ゴールデンレトリバー、ジャックラッセルテリア、ボーダーコリーなどのさまざまな犬と一緒に人生を楽しんでいます!

3ブランドが試せる食べ比べセット 今なら500円(税込)