犬や猫が食物アレルギー(食物過敏症)であることを示す症状とは?

2020/12/16

食物アレルギー(食物過敏症)

あなたのペットが気づかないうちに食物アレルギー(食物過敏症)になっているかもしれないことをご存知ですか?ペットの食物アレルギーが増加している今、飼い主さんが、犬や猫の食生活を注意深く観察し、その症状に気づくことはこれまで以上に重要となっています。

またそうした症状に気づくことは、ペットの健康を改善するための解決策を見つけることにも繋がります。

ただし、犬と猫では食物アレルギー(食物過敏症)の症状が異なることに注意が必要です。

ここでは、食生活に問題を抱えている可能性があることを示す一般的な症状を犬と猫に分けていくつかご紹介します。

猫の食物アレルギー(食物過敏症)の症状

猫 食物アレルギー(食物過敏症)

猫の食物アレルギー(食物過敏症)の可能性を示す代表的な症状は以下のとおりです。

  • 嘔吐や下痢などの消化器系の不調
  • お腹の張り
  • おなかが鳴る
  • 皮膚炎(猫には珍しい症状ですが、特定の食材に過敏症がある兆候かもしれません。)

犬の食物アレルギー(食物過敏症)の症状

犬 食物アレルギー(食物過敏症)

犬の食物アレルギー(食物過敏症)の可能性を示す代表的な症状は以下のとおりです。

  • 過度に前足を舐めたり噛んだりする。(その結果、前足が赤くなってしまうことがよくあります。)
  • 慢性または再発性の外耳炎
  • 脱毛
  • 顔、足、耳、前脚、脇の下などや周辺のかゆみや発疹
  • 嘔吐や下痢(同じ食べ物を食べさせていると、時間が経つにつれて発症することがあるので、注意深く観察する必要があります。)
  • 顔、足、耳、前脚、脇の下などや周辺のかゆみや発疹

もしあなたのペットに上記のいずれかの症状が見られる場合、食物アレルギー(食物過敏症)を発症している可能性があります。このような場合、多くは食べるものを変えることが最善の治療となります。

例えば、当サイトで扱っているプレミアムドッグフード「GO!LIDシリーズ」は食物アレルギーや特定の食生活のニーズを持つペットのために作られたペットフードです。メインのタンパク質以外の食材もできる限りシンプルに慎重に厳選して栄養バランスを整えていますので、食物アレルギーが疑われる子の食事の選択肢になるレシピです。

まとめ

今回は犬と猫の食物アレルギーの症状について説明しました。

猫ではお腹トラブルなどの消化器系症状に注意が必要で、犬ではかゆみや炎症などの皮膚トラブルに注意が必要というポイントがあります。

警告となる症状を知ることは、ペットが食物アレルギーに苦しんでいるかどうかを知るための第一歩です。

そして、ペットに与えるフードを慎重に検討することで、ペットの消化器系を乱してしまう食物アレルギー(食物過敏症)を防ぐことに繋がります。

アレルギー対応のフードラインナップ

go!L.I.D.シリーズ(犬用)は、動物性タンパク質を「サーモン」「ダック(鴨肉)」「ラム肉」のどれか1種類に限定したシングルプロテインの食事です。

go! dog
arrow go! dog

go!L.I.D.シリーズ(犬用)
動物性原材料を限定したアレルギー対応食

line

動物性タンパク質を1種類に限定したシングルプロテインのアレルギー対応のフードです。メインのタンパク質以外の食材もできる限りシンプルに慎重に厳選して栄養バランスを整え、必要のない素材は何も追加していません。アレルギーの悩みがない全ての犬たちにとっても、食材の味わいを最大限に生かした美味しい総合栄養食となり、フードローテーションにもおすすめです。

go!L.I.D 詳細

go!L.I.D.シリーズ(猫用)は、動物性タンパク質をMSC認証を受けたアラスカ産の天然タラ(ポラック)、もしくは平飼いで健康に育ったダック(鴨肉)の1種類に限定したシングルプロテインの食事です。

go! cat
arrow go! cat

go!L.I.D.シリーズ(猫用)
厳選した原材料で、最大限の美味しさを実現

line

私たちは、つい、たくさんの食材を使ったレシピのほうが、栄養バランスもよく体に良いように感じてしまいますが、猫たちの中には複雑なレシピの消化が苦手な子も、 いろいろな食材が混ざっている味を好まない子もいます。原因は特定できていないけれど、お腹が不安定でフードジプシーになってしまっている飼い主様や、味の好みがはっきりしている子におすすめのレシピです。

go!L.I.D 詳細

関連コラム

3ブランドが試せる食べ比べセット 今なら500円(税込)