【夏だけじゃない!】犬の脱水症状に注意。症状の見分け方と治療法・対策を解説

2021/09/21

犬 脱水症状

水分は生命にとって不可欠なものであり、犬の健康全般にとっても重要な要素です。

水分には、体中のあらゆる臓器や細胞を保護する緩衝材としての役割があるだけでなく、関節の潤滑、体温の調節、消化促進 などの重要な役割を果たします。また、水分はペットの血流を正常に保ち、脳や 内臓に必要な酸素を運ぶのに役立ちます。

犬は一日中、水分を失っているのが普通です。

犬の身体の水分は、パンティング、普段の呼吸、肉球部からの発汗、そして、通りすがりの木にオシッコをすることなどで失われていますが、その失われた水分を都度摂取して健康を保っています。

脱水症は、体内に取り入れる水分よりも失う水分の方が多い場合に起こります。

脱水症状はペットにとって危険な状態ですので、以下の情報に目を通し、ペットが一日を通して元気でいられるようにしましょう。

脱水症状の原因

脱水症状の原因

犬の脱水症状の最も一般的な原因は、飲み水を確保できないことです。必要な量を飲まないと、すぐに脱水症状を起こして、 危険な状態になってしまいます。

すべての犬は、清潔で新鮮な水を1日中飲めるようにしてあげる必要があります。なお、犬が嘔吐や下痢をしている場合は、通常よりも多くの水分を失っているので、普段よりも頻繁に水を交換してあげる必要があります。

犬にたくさんの運動をさせることは素晴らしいことですが、激しい運動と気温の高さの2つが重なると、冷たい水を大量に摂取する必要が出てきますので注意しましょう。

子犬、シニア、授乳中の母犬、さらにはトイ・プードルやポメラニアン、チワワのような超小型犬も他の犬種よりも多くの水を必要とします。

犬の脱水は、夏だけでなく一年中起こりえます。

むしろ夏は、熱中症の状態にならないように注意する飼い主さんも多く、犬も水分を多く摂取しようとするため、脱水が予防されやすいとも言えます。

一方で、秋から冬の季節になると、犬が水分をあまり取らなくなることに加えて、暖房の効いた環境で過ごすことで、いつのまにか脱水しているということがあります。

このように水分の必要性は変わらないのに、季節や環境、年齢、病気などがきっかけとなり犬が水分を摂ることへの欲求が減ることがあります。さらに、水分摂取量の減少は、腎臓病、糖尿病、ある種の癌などの健康上の問題を示している場合もあります。飲水量が減ったことが気になったら、かかりつけの獣医師に相談して問題を診断してもらい、必要な検査や治療を受けてください。

脱水症のサインと症状

脱水症の症状

愛犬といつもコミュニケーションをとっていても、愛犬から喉の渇きや体調不良を伝えることはできないかもしれません。では、愛犬が脱水症状を起こしているかどうかは、どのように判断すればよいのでしょうか。

脱水症状の一般的なサインや症状を知ることは、迅速に対処し、より深刻な健康被害を防ぐこと繋がります。

脱水症状を見分ける最も簡単な方法の1つは、皮膚の弾力性を調べることです。

犬の肩甲骨の間の皮膚をそっとつまみ 、持ち上げて放してみましょう。水分補給が適切に行われていれば、皮膚はすぐ元の 位置に戻っていきます。脱水症状が始まっている場合は、皮膚に張りがなく、元にもどるまでに時間がかかります。つまんだ皮膚がそのまま立ち上がったような状態であればかなり深刻です。

持ち上げる前の状態にもどるまで2秒以内が正常の目安とされており、それ以上かかる場合には、やや強い脱水を疑いましょう。

その他の脱水症状のサイン

・目が落ちくぼんでいる
・鼻が乾いている
・食欲が落ちている
・歯茎が乾燥している・口が渇いている
・元気が落ちている・無気力・ボーっとしている
・弱っている
・倒れる

これらの特徴のいずれか、または組み合わせは、犬が脱水状態になる危険性が高いか、すでに脱水状態にあることを意味しています。

脱水症状の影響

犬が脱水症状に陥ると、さまざまなことが起こります。

脱水症状になると、カリウム、塩化物、ナトリウムなどの電解質が失われます。これらのミネラルは、筋肉の機能、体内の pHバランス調整、細胞への栄養分の流れ に重要な役割を果たしています。

また、水分が失われると、血液が酸素を体内に取り込むことが難しくなります。重度の脱水症状になると、腎臓やその他の臓器が機能しなくなることもあります。

脱水症状の治療法

脱水症状 治療法

水分を補給する最も簡単な応急処置は水を与えることです。自分で飲めない場合は、口の周りを濡らしながら含ませるか、少しずつスポイトのようなもので与えてみてください。

このとき、急に大量の水を与えないようにすることが大切です。そうすると、犬が嘔吐してしまい、さらに脱水状態になってしまうからです。氷や非常に冷たい水を与えたくなるかもしれませんが、これは体の表面近くの血管を収縮させる原因となり、逆に体に備わっている冷却システムを遅らせる可能性があります。

犬が嘔吐していなければ、市販のスポーツドリンクや経口補水液のような電解質を多く含む液体を薄めて与えることもできます。ただし、適切な投与量については獣医師に確認してください。また、脱水症状が深刻化したり、基礎疾患の症状だったりすることもあるので、すぐに獣医に診てもらうことをお勧めします。

脱水症状の対策

脱水症状 対策

脱水症状にならないためには、やはり予防が一番です。

犬たちが1日に必要とする水分摂取量の目安として、簡単な計算式があります。

犬が1日に必要とする水分量の目安=体重(kg)×0.75乗×132(ml)

例えば、体重が5kgほどの犬であれば、約441mlとだいたい500mlのペットボトルと同じくらいの量になります。体重の10%前後でちょっと多めの量と覚えても良いかもしれません。

水をあまり飲まない犬の場合は、ヤギミルクを溶かしたスープやお肉の煮汁で風味をつけたスープなどで水分補給を後押ししてあげると良いでしょう。また、ドライフードよりも水分を多く含むウェットフードを毎日の食事に取り入れることも検討してみてはいかがでしょうか。

気温や活動量に応じて、犬が飲める水の量も調整する必要があります。外が暑かったり、激しく走り回ったりすると、脱水症状を防ぐために、より多くの水が必要になります(人間と同じですね!)。

飼い主として、愛犬が飲む水の量と、脱水症状のサインには普段から気を配るようにしましょう。そうすることで愛犬と一緒に、いつまでも健康で、幸せな生活を送ることができますよ!

タンパク質・炭水化物・脂質の絶妙な栄養バランスを実現した「NOW FRESH (ナウフレッシュ)」

NOW FRESH (ナウフレッシュ)は、食材の鮮度にこだわり持ち味を活かし、お互いを引き立てる多彩な組み合わせで栄養バランスを整えた食事です。特にウェットフードの「テトラパック」は、水分補給に便利、凍らせて夏の美味しいオヤツとしても活躍します!

グレインフリーのプレミアムドッグフード
グレインフリーのプレミアムドッグフード

ミールフリー・グレインフリーのドッグフード
「NOW FRESH™(ナウフレッシュ)」

グレインフリーのプレミアムドッグフード

普段の食事としてはもちろん、ドライフードへのトッピングとして、おやつとして、おかずとして、完璧に栄養バランスを整えた美味しいウェットフードです。

NOW FRESH 詳細 グレインフリーのプレミアムドッグフード

この記事を書いた人

NOW FRESH Team

犬や猫が健康で幸せな生活を送ることは、誰もが望むことです。私たちは、ペットの日々のケアや食事についての情報をわかりやすく提供し、皆様のお手伝いをします。

関連コラム

3ブランドが試せる食べ比べセット 今なら500円(税込)